2017/04/24(月曜日)

決算行政監視委員会

 本日、決算行政監視委員会にて、先週月曜日の対総理TV入り質疑に引き続き、森友学園問題の国有地取引における議事録等の文書管理について佐川理財局長に質しました。
 週末の世論調査にもあるように、森友学園関係の土地取引において、国民の8割以上が納得をしていないという事実についても触れ、国民の大切な財産を売買するにもかかわらず、他の国有地売買においても、まったく取引メモが無いと言い張る理財局長に厳しく注文をつけました。

 

▲ページTOPへ

2017/04/17(月曜日)

衆議院決算委員会にて安倍首相に質問!

 衆議院決算行政監視委員会(4月17日月曜日9:39~NHKテレビ中継)にて質問に立ちました。冒頭に東芝の決算遅延を引き合いに、国家の決算審議が大幅に遅れまだ平成24、25年分を行っていることを、厳しく指摘いたしました。

 また、第二次安倍政権発足以来、海外援助ODA予算の一部である円借款の累積が約7兆円に達していることに触れ、奨学金や子ども・子育て支援、国内の貧困対策などの予算が少ないことを指摘し、国際貢献と国民の生活に密着した予算とのバランスをとることを求め、安倍首相からも前向きな回答を得ることができました。

 

▲ページTOPへ

2017/03/17(金曜日)

北朝鮮の脅威とわが国の危機管理について質問

 本日衆議院 外務委員会にて、金正男殺害をはじめ核開発・弾道ミサイルの発射問題など北朝鮮の脅威が広がる中、日本の危機管理について質しました。
特にPKO南スーダンの日誌問題では、防衛省のずさんな情報管理と隠ぺい体質を質し、日誌程度の管理ができずに日本の危機管理ができるわけがないと厳しく追及。

 

▲ページTOPへ

2017/01/05(木曜日)

JAグループ群馬新年祝賀会出席

 昨年はTPPなど農政にとって重要な議論がなされました。農業と食の問題は党派を超えてしっかりと議論していくべき問題であり、TPP如何にかかわらず農協の自主改革の促進と持続可能は農政を目指していくと決意を述べました。

 

▲ページTOPへ